猫の白血病

正式には、白血病ウイルス(FeLV)といい白血病以外の病気も引き起こす、とても危険な病気です。免疫力が極端に落ちるため他の病気を誘発し多くの場合死に到ります。

このウイルスから猫を守るには、早期発見と、しかるべき予防が必要です。

因みに筆者は白血病の猫を1匹飼っていますが、しかるべき治療と強運に恵まれ、生後5年を過ぎても元気に生活しています。

それでは、猫の白血病ウイルスに関する知識、症状や予防と治療方法を以下にまとめました。

スポンサードリンク

目次−白血病の原因と症状白血病の予防と治療法

白血病の原因と症状

猫の白血病ウイルスは、主に唾液によって感染します。ですからほとんどの場合、猫の喧嘩による噛み傷や、直接口や、鼻が触れ合う事により感染します。感染は生後間もなく抵抗力の弱い子猫が最も危険で、母猫のグルーミング行為により感染する事が多く見られます。

白血病特有の症状と言うのものはありませんが、貧血のため元気だった子猫が突如元気を無くしたり、下痢、鼻水、リンパ腫が腫れるなどの症状がみられます。

猫の白血病は、早期発見が生存率を高めます。おかしいなと思ったら油断せず動物病院に連れて行くようにしてください。


白血病の予防と治療法

白血病は、一旦感染すると生存率が極めて低い危険な病気です。それゆえに予防する術を知っておくことが大変重要になります。

白血病は唾液より感染しますので、完全室内飼いをしていれば感染する可能性はなくなります。または、免疫の低い子猫の間だけでも外に出さないようにすれば、感染率はかなり低くなるのです。それが難しい場合は動物病院でワクチンによる予防接種を受けるようにしましょう。また、白血病の早期発見のため、生まれて間もない子猫と、出産前の母猫は白血病の検査をしておく事をおすすめします。

白血病に感染してしまうと、動物病院で適切な治療を受けなくてはいけません。早い段階で免疫力を高める措置をすれば、生存する可能性は高まります。子猫が成猫に近づくにともなって白血病も自然治癒に向かいます。


猫の病気

目次−TOP猫の白血病猫の糖尿病猫のエイズ 猫の腎不全その他の病気

© 猫の病気. All Rights Reserved