猫の糖尿病

糖尿病とは、血糖値を下げるインスリンが機能しなくなり、血液中の糖分が高くなる病気です。

猫も人間と同じように、糖尿病を患います。元々猫は肉食動物なので、血糖値のコントロールがうまくありません。食べ過ぎや、ストレスが原因で高血糖になり、糖尿病になる可能性が高いのです。

また猫が高齢になる程、糖尿病を患う可能性は高く、しっかりとした食事管理が必要です。

猫の糖尿病に関する知識、症状や予防と治療方法を下記にまとめました。

スポンサードリンク

目次−糖尿病の原因と症状糖尿病の予防と治療法

糖尿病の原因と症状

猫の糖尿病を引き起こす原因は、食べ過ぎやカロリーの摂りすぎです。雄と雌では、肥満体質の雄により多くみられ、雄猫を飼っている場合はより良い食事管理が必要です。

猫が糖尿病にかかると、トイレ(尿)の回数が増えます。これは、血液中の糖を尿により排出しようとするためです。尿の回数が増えると自然と水を沢山飲むようになるため、多飲多尿になります。

さらに、糖尿病にかかると、尿により糖を排出してしまう為に急激に痩せます。食事制限をしていないにも関わらず、太っていた猫が急に痩せた時は注意が必要です。


糖尿病の予防と治療法

糖尿病は、患ってしまうと完全に治療する事ができません。ですから猫が糖尿病にならないよう、予防を行うことが重要です。日ごろから正しい食事量を守り、猫のおもちゃ等で適度な運動を促してあげましょう

肥満傾向の猫には、ダイエット用のライトフードを与えることにより、無理のないダイエットを促すことができます。

もし糖尿病を患ってしまった場合は、進行が悪化しないよう食事(カロリー)制限を続けていくしかありません。糖尿病になった猫は水を沢山飲みます。これは糖を尿により排出するために水分を必要だからです。ですから水は制限せず、いつでも飲めるようにしておきましょう。

残念ながら、糖尿病が進行し悪化した場合は、動物病院でインスリン治療をうけなくてはいけません。


猫の病気

目次−TOP猫の白血病猫の糖尿病猫のエイズ 猫の腎不全その他の病気

© 猫の病気. All Rights Reserved