猫の腎不全

腎臓は、老廃物を尿により排出する役割を持っていますが実は、猫は腎臓をはじめとする泌尿器系が強くありません。

水分摂取量が少の少ない猫は、尿が濃く、腎臓や泌尿器系の病気にかかりやすいのです。

人間と同じように、高齢になるに従って腎臓の機能は低下し、より腎不全を起こしやすくなっていきます。一度壊れた腎臓の機能は回復しませんので毎日のケアと定期的な検査を大切にしてください。

それでは腎不全に関する知識、症状や予防と治療方法を下記にまとめました。

スポンサードリンク

目次−腎不全の原因と症状腎不全の予防と治療法

腎不全の原因と症状

猫が、腎不全になる原因には、老衰による腎機能の低下があげられます。また他の病気が腎不全を誘発する場合もあります。尿石症や、膀胱炎によって、尿の排出障害が長く続くと腎臓に負担をかける事になり、腎不全に陥ります。

猫が腎不全に陥ると、尿毒素をうまく排出できなくなりますので、食欲が下がる、嘔吐が増える、体重が減る等の症状がみられます。一度、壊れてしまった腎臓の機能を回復させることはできません。従って毎日のケアで予防してあげることが最も大切です。

特に年老いた老猫は、定期的な健康診断を受けるようにしましょう。


腎不全の予防と治療法

腎臓は一度壊してしまうと、機能を回復させることができません。毎日のケアと定期的な健康診断で予防をしなくてはいけません。

年老いた猫は、それだけで腎機能が弱ります。6歳を越えた辺りから、定期的な健康診断をし、8歳を過ぎればキャットフードを低タンパクの老猫用に切り替えます。

キャットフードをあげる時は、新鮮な水を用意し、餌以外のときでも水が飲める環境を整えてあげてください。沢山水を飲むことで、正しい排尿を促し腎臓への負担は少なくなります。

さらに腎臓の機能が弱る原因には、尿石や、膀胱炎が考えられます。排尿に異変を感じたときは、早い段階で動物病院での検査および治療を行うようにしましょう。


猫の病気

目次−TOP猫の白血病猫の糖尿病猫のエイズ 猫の腎不全その他の病気

© 猫の病気. All Rights Reserved